筋膜の観点から自律神経系の不調に働きかけるコースです。

主に皮ふ、脂肪組織、浅筋膜、リンパをターゲットにしており、浅筋膜を含む体表に近い組織は、
自律神経系とのつながりが深くホメオスタシス(恒常性)と密接に影響し合っていることがわかってきています。

内臓の不調かと思われていた、冷えや乾燥、アレルギー反応などが浅筋膜の調整で介抱に向かうことも大いにあるのです。

 

 

このコースは大きく3つに分けられ、それぞれ考え方と調整方法が異なります。

◎ 乾燥と冷えトラブル・セミナー

 ・肌の乾燥や冷え症に対して、筋膜の観点から紐解いていきます。
   ・末梢神経や皮ふに直接働きかけるのが特徴です。

 

◎ むくみとアレルギー・セミナー

 ・むくみと免疫系の不調に対して、筋膜を操作していきます。
   ・主にリンパ管やリンパ節の付近の筋膜を整えるのが特徴です。 

 

◎ 脂肪と代謝・セミナー

 ・脂肪痛や代謝トラブルに対して筋膜調整を行っていきます。
   ・安静時の脂肪部分の痛みや脂肪の過剰な蓄積および減少による悩みを筋膜から紐解きます。

 

※過去の自律神経調整セミナーはこちら