顎関節に対する筋膜の評価と治療WSを開催いたしました!

8/31-9/1の2日間
ブラジルから顎関節症に対する筋膜治療のスペシャリストをお招きし、専門家向けワークショップを開催いたしました。

 

講師は、Fascial Manipulation®国際インストラクターのMarco先生です。

トリガースクールのスタッフも国際コースでは大変お世話になっている先生です。

Marco先生は現在ブラジルのクリニックで歯科医師と共同して、顎関節の治療と研究をされている経験豊富なセラピストです。

通訳は、Fascial Manipulation®の認定スペシャリストであり理学療法士の須賀 康平先生で、筋膜やオステオパシー治療にも精通しており、通訳の実績も豊富な先生です。

 

また、今回のワークショップはイタリアにあるFascial Manipulation®本部公認であり、Fascial Manipulation®に興味があるけど国際コースを受講したことがない専門家の方へ向けてのインフォメーションセミナーの位置づけとして開催されました。


<歯科医師、鍼灸師、柔道整復師、オステオパス、理学療法士など様々な職種の先生方が参加>

 

 

講義は筋膜の解剖学や生理学の解説から始まり

 



顎関節症の方に特有の筋膜の動きの悪くなるポイントを解説したり

 

 


みんなで触診の練習をしたり




トリガースクールスタッフもアシスタントとしてお手伝い

 




筋膜の滑りを触診するのは難しい・・・




動きの悪いところを見つけるにはコツも必要

 



通訳の須賀先生も協力してくれました!

 

 

 

Marco先生による治療デモンストレーション

 

 

 

大盛況の2日間でした!

参加されたみなさまの臨床の一助となれば幸いです。






今後も私たちは、筋膜の可能性をたくさんの方の届けていきます!
よろしくお願いします!



ワークショップ終了後にMarco先生とスタッフによるリラックス対談を行いましたので、そちらも併せてご覧くださいませ!

 

TRIGGER School 
中村


=======================================

現在,募集中のセミナーはこちら▼

*尿失禁ケアセラピスト養成コース・第2期