あなたが処方している骨盤底筋トレーニングで本当に尿失禁を改善できるのか?

TRIGGERの半田です。

 

6月29日(土)

 

『尿失禁セラピスト養成コース(第1期)』

第7講義が開催されました。

 

テーマは『骨盤底筋トレーニング』です。

 

 

骨盤底筋トレーニングで大切なこと。

それは『認知』です。

 

つまり『自分で感じる』こと。

 

骨盤底筋トレーニングに限らず、

自分で収縮を感じ取ることができるって大切ですよね。

これが、エクササイズの効果を左右します。

 

しかし、そもそも骨盤底筋の収縮を感じること自体が難しい。

骨盤底筋トレーニングの問題点になってます。

 

その課題を解消してくれる鍵になるのが『筋膜』です。

筋膜を整えると、骨盤底筋の収縮を感じることができるようになります。

 

前回の第5・6講義では筋膜を整えることを2日間みっちりやりました。

骨盤底筋トレーニングを最大限効率よく行うために必須の過程です。

(前回の様子はこちらからみられます)

 

 

それを踏まえたうえでの、今回の骨盤底筋トレーニングです。

 

 

段階的にどのようにトレーニングを指導していくのか?

一般的に行われている骨盤底筋トレーニングの落とし穴など。

実技を行いながら学んでいきました。

 

 

 

骨盤底筋の活動は、臀筋のストレッチでどうかわるのか?

ポジションや、運動の種類では?

実際のエコーをみながら、その反応を確認していきました。

 

 

 

側臥位になって、股関節を外旋すると骨盤底が下がっていってしまう人もいました。

 

みなさんが指導している骨盤底筋体操は、果たして本当に骨盤底筋のエクササイズにになっているのか?

そのエクササイズを処方していて、本当に尿失禁はなくなるのか?

エクササイズを指導するなら、確実に効果のあるものを処方したいですねよね!

 

次回は、ついに最終講義です!!!

みなさん、あと少しです!!!

頑張りましょう(^^)