『筋膜ケア』 世田谷区保健センターで講師を務めました!

トリガースクールの中村です。

 

5月13日(月)
世田谷区保健センター 様 よりご依頼を受け

『ばね指・腱鞘炎など手の動かしにくさに対する筋膜ケア』をお伝えさせていただきました。

 

 

今回で3回目の講演で

参加された方の人数は、なんと・・・

 

50人!!!

 

たくさんの方が手や手首の症状で悩まれていることに私も半田も正直驚きました。

 

 

まずは筋膜についての講義です。

 

なんとなく聞いたことはあるけど、一体どんなものなのか

 

そして

 

ご自身の手や手首の症状とどんな関係があるのか

 

 

わかりやすく解説していきました。

 

 

 

筋膜の動きが悪くなってしまうと色んな症状がでてきます。

 

一見、関節の痛みや筋肉のコリだと思っていた症状も

 

「筋膜」が原因だったということも本当に多いんです。

 

 

では動きの悪くなった筋膜はどうすれば柔らかくなるのでしょうか?

 

 

硬くなっているところをほぐせばいいのですが、実はコツがいるんです。

 

 

それは・・・

 

 

「熱」を加えることなんです。

 

この「熱」と摩擦(刺激)が大事なんですね。

 

 

さて、実技です!

 

手のこわばりが減った!

 

手の開くが軽くなった!

 

肘の痛みが減った!

 

腰の痛みが減った

 

あちこちから、驚きの声があがってきました。

 

やはり「筋膜」は大きな可能性を秘めていますね。

 

 

 

『筋膜をケアすることを健康文化の1つに根付かせたい』

 

これがTRIGGERがかかげるビジョンです。

 

そのために今後も私たちは

 

サロンでの施術だけでなく

地域の方々へ知って頂く活動や専門家の方向けのセミナーを

積極的に開催していきたいと思っています。

 

 

今回、ご依頼くださった世田谷区保健センターさま

ありがとうございました!!!

 

TRIGGER School 中村